※sold out

■画材

4イラストレーションボード 210x297mm

額縁 約322x235mm

水性アクリル

参考可価格:60000円

気になる方はお問い合わせからメッセージをください。

■高次元意識トリップをしている時に30次元あたりから3次元界に戻る時、8次元→6次元あたりで光ファイバーの様な光のトゲの姿の龍が飛び出してきました。

元々龍の形に疑問を思っていた私にとってはかなり刺激的な龍でした。

ほとんどの日本人の龍のイメージは子供の頃から固定されています。

今回見れたビジョンではそれが払拭できたので自分のフィールドも上がったと思っています。

今回の龍の正体は6次元の眷属神です。

神的存在は住む次元が固定されています。

それらの存在に違う次元を行き来して情報を橋渡しをする役目を担っているのが眷属神です。

眷属神は狐や龍などの獣神に多いです。

稲荷の役目が3次元の人間の願いを上の次元の神に伝える事だとイメージすると理解しやいかもしれません。

世の中には龍に守護について欲しいと憧れている方が多いですが、龍単体では暴れると面倒な存在でもあります。

なので龍についてもらうのではなく、龍を操る存在になる事が次元や意識を上げる為に重要です。

イメージ的には龍の頭に乗って操っている観音菩薩の感じです。

今回出現してくれた龍は新しいフィールドとイメージを与えてくれました。

金と銀を載せてあるので輝きます。

普通とは違う姿の龍を感じたい方いかがでしょうか?

他では出会えない龍です。

エネルギーは高めです。

この投稿をInstagramで見る

 

Ryo(@spiritual_artist_ryo)がシェアした投稿


#龍神nippon #龍神様 #高次元エネルギー #高次元 #宇宙エネルギー #眷属神 #現代アート #現代美術 #芸術作品 #瞑想アート #光彩 #energyart #japneseart #japaneseartist #modernart #modernartist #spiritualart #dragon #dragonart #lightart #acrylicart #acrylicpainting #artwork #artofinstagram #artforsale

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA